競輪ではただ速い選手を選べばいいのではなく、勝てる選手を選びます。競争に勝ち残る選手です。

競輪は競走ではなく競争と言われる
競輪は競走ではなく競争と言われる
NAVI

競輪は競走ではなく競争と言われる

競輪は競走ではなく競争と言われる
運動会の種目に徒競走があります。100メートル走などで順位を競うものになるでしょう。この時にはいかに速いかが大事になると言われます。同じ組に並んでいる人同士で競うこともありますし、タイムにおいて別の組に並んでいる人も相手になるのでしょう。走るといえば足を使って走ることも表現しますが、自転車においても走ると言われます。ですから、自転車における競技においても競走となる場合があります。タイムを競っていることがわかります。

ギャンブルにおいては競輪があります。この場合競走ではなく競争と言われます。走るではなく争うとの字が充てられています。意味合いとしては似ているように思うのですがかなり違いがあります。競走は速さ、タイムを気にするのに対し、競争ではとにかくそのレースで他の選手に勝つことが大事になります。これはレースを見ていればわかります。最初はゆっくりしたペースで周回が重ねられ、その後に大きく展開をして最後に各選手がスパートをします。

ゴール直前においてはまさに格闘技の如く選手がゴールになだれ込んできます。時には転倒などもある激しい闘いが見られるのです。そういう戦いを勝ち抜ける選手を予想する楽しみがあります。速さだけでは選べないのです。

最近の急上昇ワードギャンブル、深く知るならココでチェックしてみてください。